楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

withコロナでの旅行は「増やしたい・変わらない」6割、「減らしたい」4割 ビッグローブが意識調査

ビッグローブは、緊急事態宣言の解除後に実施した「withコロナ」に関する意識調査」の調査結果第4弾を発表した。国内旅行に出かける頻度はコロナ以前と比べて「増やしたい」「変わらない」があわせて6割超となった反面、国内・海外ともに「減らしたい」は4割弱。現状では旅行に慎重なムードも当然ながら漂っているようだ。

withコロナの暮らしのもとでの国内旅行の頻度は、「増やしたい」が8・6%、「変わらない」が54・8%、「減らしたい」が36・6%。海外旅行については「増やしたい」が4・2%、「変わらない」が57・1%、「減らしたい」が38・7%。国内、海外で傾向に大きな差はない。

また、大規模イベントについての意識も調査。野外音楽イベントの開催については、「従来通り開催してほしい」が16・8%、「マスク着用義務付け・消毒・3密を避けるなどの感染予防対策をして開催してほしい」が38・7%、「無観客で開催してほしい」が9・7%と7割弱が開催を希望した。世界的スポーツ大会の開催については「従来通り開催してほしい」が15・1%、「マスク着用義務付け・消毒・3密を避けるなどの感染予防対策をして開催してほしい」が30・8%、「無観客で開催してほしい」が15・8%と、こちらも6割が好意的。いずれも「感染リスクがある場合は開催を控えてほしい」が約3割となった。

調査名は5月26―27日、全国の20―60代の男女1千人を対象に、インターネットアンケートで実施した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ