楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

城泊・寺泊をインバウンドに 観光庁、補助金事業の公募を開始

20/05/27

観光庁は5月26日、城郭や寺院を宿泊施設として利用する「城泊」「寺泊」を訪日旅行の魅力として生かそうと「観光振興事業費補助金(城泊・寺泊による歴史的資源の活用事業)」の公募を始めた。

同事業では、訪日客の長期滞在や旅行消費につなげることがねらい。全国の城や社寺を宿泊施設として利用するために、訪日客向けの滞在環境の整備や体験コンテンツの造成、多言語化、モニターツアーの実施などの取り組みを支援する。予算には国際観光旅客税を充てる。

平戸城

20年夏から「城泊」を実施している
長崎県・平戸城

対象は各地のDMOや民間事業者などで、城泊、寺泊についてすでに事業化されているか、計画しているなどが条件。補助率は城泊のインバウンド化・コンテンツ造成事業が補助対象経費の2分の1、上限750万円、寺泊の同事業が2分の1、上限780万円。

応募受付期間は6月30日17時必着。

申請についての詳細は、観光庁HPの当該ページ(https://www.mlit.go.jp/kankocho/page05_000131.html)へ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ