楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

バリアフリー化とストレスフリー環境整備を公募 観光庁、インバウンド受入整備へ宿泊施設を支援

20/08/06

観光庁は9月11日まで、宿泊施設向けに「バリアフリー化促進事業」と基本的ストレスフリー環境整備事業」の取り組みを募集している。アフターコロナを見据え、旅館ホテルのインバウンド受入体制を強化する。

「宿泊施設バリアフリー化促進事業」の補助対象は、客室や客室トイレのバリアフリー化、ワーケーションスペースの整備、車椅子対応、エレベーターの設置など。補助率は2分の1で、1事業者あたり500万円が上限となる。

対象事業者は旅館・ホテルなど旅館業法の営業許可を得た宿泊事業者。改修工事は来年2月末までに完了することを求めている。

公募書類の送付・問い合わせは、観光庁観光産業課 電話03―5253―8330。

「宿泊施設基本的ストレスフリー環境整備事業」の補助対象は、Wi―Fi環境の整備▽トイレの洋式化▽国際放送設備やタブレット端末、多言語案内表示など多言語対応整備▽決済端末の整備▽自社サイトの多言語化▽ムスリム受入マニュアルの作成の従来の項目に加え、今回からコロナ対策としてサーモグラフィーや非接触型体温計の導入も加えた。ただしこれについては総客室数が50室以上の施設が対象。

補助率は費用の3分の1で、1事業者あたり150万円が上限。

公募書類の提出・問い合わせは、観光庁観光産業課(宿泊施設インバウンド対応支援事業事務局) 電話03―5253―8330。

いずれの事業も応募した取り組みから随時認定。予算がなくなり次第終了する。今年の第1期公募で計画が認定されていない事業者を優先して採択する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ