楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

文化庁、外国人へ日本遺産の魅力を発信 オンラインガイドツアーで好感と課題得る 

20/08/12

文化庁はこのほど、日本文化の魅力を海外へ発信する取り組みの一環として、日本遺産についてのオンラインガイドツアーを実施、動画を公開した。参加した外国人からは様々な意見が挙がり、オンラインガイドツアーの課題と展望が浮かび上がった。

ツアーは、訪日外国人観光客向け旅行情報サイト「WOW U」を運営するEXestと実施。米国やシンガポール在住の20―30代7人が参加し、ビデオ会議ツールZoomを使って行った。

ツアーでは、全国通訳案内士の豊嶋操さんが日本遺産の魅力、鳥取県三朝町の日本遺産「六根清浄と六感治癒の地~日本一危ない国宝鑑賞と世界屈指のラドン泉~」について動画を通して英語で解説。JR西日本や山陰インバウンド機構もオンライン視察として参加するなか、質疑応答や意見交換も実施した。

三徳山投入堂

三朝町の日本遺産の中心スポット、三徳山投入堂

ツアー終了後、参加者からは訪日意欲の高まりと、知人らに勧めたいといった好意的な意見が集まった。一方、映像や音声などオンライン環境の質の向上や、双方向コミュニケーションによるライブ感の醸成、宿泊施設や温泉、食の紹介など地域の観光情報を求める声など今後の課題とすべき意見も挙がった。

そのほか「知る人ぞ知る“秘密のスポット”を教えてほしい」「シェフや生産者と触れ合う食文化ツアーがあれば参加したい」といった意見も。

ツアーの様子はYouTubeの文化庁チャンネルで動画を公開している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ