楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

奈良から考えるガストロノミーツーリズム UNWTO駐日事務所や奈良県、12月16日にシンポ

20/12/05

国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所とアジア太平洋観光交流センター、奈良県は12月16日、奈良市の奈良県コンベンションセンターで「ガストロノミーツーリズム国際シンポジウム2020in奈良」を開く。古くから食文化の歴史を紡ぎ、磨いてきた奈良の地から食と観光の新たな形を考える。

シンポジウムは「食することがもっと楽しくなる、旅と食と歴史文化の出会い」がテーマ。地域の食文化と観光を楽しむ「ガストロノミーツーリズム」の考え方やガストロノミーツーリズムを推進している奈良県の事例を紹介する。

当日は荒井正吾・奈良県知事と尾崎裕・アジア太平洋観光交流センター会長があいさつ。UNWTO本部のサンドラ・カルバオ観光市場情報・競争力部長が「ガストロノミーツーリズムをいかに推進するか?」、山田早輝子・日本ガストロノミー学会代表が「ガストロノミーツーリズムの課題とSDGs」を演題にそれぞれ基調講演を行い、ガストロノミーツーリズムについての説明、同県曽爾村や奈良市のレストラン「akordu(アコルドゥ)」のオーナーシェフ・川島宙さんによる事例発表、同事務所の本保芳明代表がモデレーターを務めてのパネルディスカッションも実施する。

時間は13―16時。入場無料。定員は300人で、オンラインでも参加できる。参加はhttps://www.nara-gastronomy-tourism.jpから12月11日までに申し込む。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ