楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「城泊・寺泊」課題解決へ専門家を派遣 観光庁、希望地域のエントリーを開始

21/07/01

観光庁は、城郭や寺院を宿泊施設として活用する「城泊・寺泊」への地域の取り組みに対し、専門家を派遣する事業を実施する。6月30日から希望地域のエントリーの受付を開始。民間事業者やDMO、自治体らに利用を呼びかけている。

「城泊・寺泊」については、国がインバウンド拡大に向けた、日本の文化を生かした魅力開発のひとつの素材として取り組みを推進。城郭や寺院を宿泊施設として活用することで、長期滞在や旅行消費額増につなげる。長崎県の平戸城などで取り組みが進む。

専門家の派遣は、城泊・寺泊推進にあたり、地域が抱える課題を解決につなげることが目的。城泊・寺泊を手掛ける事業者で構成される専門家によるヒアリングや現地視察、コーチング支援などを実施する。昨年度は城7件、寺14件に対し専門家を派遣した。

専門家は、城泊が百戦錬磨代表取締役社長の上山康博氏、バリューマネジメント代表取締役の他力野淳氏、寺泊がシェアウィング代表取締役社長の佐藤真衣氏、全国寺社観光協会企画室長の和栗隆史氏。

エントリー受付は8月20日17時まで。

詳しくはhttps://www.mlit.go.jp/kankocho/topics05_000365.htmlへ。

平戸城

城泊の先進事例・平戸城

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから香川編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第3回は香川県の旅...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ