楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【1/21開催】北海道開発局、世界に選ばれる広域観光圏目指してインフラツーリズムシンポジウムを開催

北海道開発局は1月21日、供用開始25周年を迎える「白鳥大橋」の観光資源化と西胆振地域の広域周遊観光推進で、〝稼ぐ〟観光券の観光圏の実現を考える「『北日本最大の吊り橋・絶景の白鳥大橋の観光資源化』インフラツーリズム魅力倍増プロジェクト・シンポジウム」を開催する。開催場所は、エンルムマリーナ室蘭(北海道室蘭市)、開催形式はWEB配信(ZOOMウェビナー)。アフターコロナ時代での室蘭・登別・伊達・豊浦・洞爺湖・壮瞥・白老の新たな価値を創造し、世界から選ばれる広域観光圏を目指すための議論を国や地域の首長らが行う。

北海道におけるインフラツーリズムへの取り組み

北海道開発局では、北海道の強みである食と観光を戦略的産業として位置付け、食と観光を担う「生産空間」を支えながら、世界水準の価値創造空間の形成を目指すこととした「北海道総合開発計画」を推進するため、コロナ禍でも政府が推進する公共施設の観光開放「インフラツーリズム」に積極的に取り組んできた。20年には「インフラツーリズム魅力倍増プロジェクト」のモデル地区に選定された北日本最大の吊り橋「白鳥大橋」(北海道室蘭市)では、360度の絶景が堪能できる主塔登頂を観光客に開放する施策を開始している。

「地域が稼ぐ観光」「地域連携による広域観光」を議論

今回のシンポジウムでは、北海道観光がチャレンジしなければならない「地域が稼ぐ観光」、単独の市町村では成し得ない、本当の意味での「地域連携による広域観光」の実現に向けて、今後の観光政策と北海道の各自治体に求められる観光まちづくりの具体的な展開を考えるもの。

観光庁や大学から有識者が登壇

基調講演は、観光庁の河南正幸観光地域振興課長が「観光庁における観光地域づくりの取組」を、特別講演では、跡見学園女子大学観光コミュニティ学部観光デザイン学科の篠原靖准教授が「広域観光を視野に入れた白鳥大橋のインフラツーリズム」をテーマに話す。パネルディスカッションでは、北海道観光の新たな幕開け!コロナ後の地域が稼げる観光地づくり」をテーマに、観光庁の河南課長や室蘭、登別、伊達の3市町らを交えながら議論する。

~パネルディスカッションの参加者~

コーディネーター:篠原 靖氏(跡見学園女子大学准教授)
パネリスト(5名)
河南 正幸氏(観光庁観光地域振興課長)
篠宮 章浩氏(室蘭開発建設部長)
青山 剛 氏(室蘭市長)
小笠原春一氏(登別市長)
菊谷 秀吉氏(伊達市長)

開催概要、申し込み方法

■開催日時:令和5年1月21日(土)10時00分~12時30分

■申し込みURL⇒https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_8UVkQ3XUToiZwAOQeH_qjA

■申し込み締め切り:1月17日(火)

申し込み用QRコード

申し込み用QRコード

パンフレット

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ