楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「万全でない」ことを楽しむ 観栄会総会で吉田会長、徒然草一節からたとえ

19/07/30

旅行会社と受入機関でつくる観栄会(吉田瑛会長=濱観光サービス)はこのほど、大阪市天王寺区のホテルアルウィーナ大阪で2019年度定時総会を開いた。64人が参加した。

総会の冒頭、吉田会長はあいさつで「花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものか。雨に向かひて月を恋ひ、垂れ籠めて春の行方知らぬも、なほあはれに情け深し」と、吉田兼好が著した徒然草の一節を紹介。

「『花は満開のときだけを、月は曇りがないのだけを見るものであろうか、いやそうではない。降っている雨に向かって、見えない月のことを慕い、春が移りいくのを感じるのも情緒深い』という意味。我々の仕事でもツアー初日から雨だとがっかりしがちだが、そうではない。雨が降ったからツアーが台無しになるのではない」…

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ