楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

夏だけでない「お化け屋敷、ハロウィーン、ゾンビ」がカギ!ホラーマーケティングの秘訣公開

19/12/02

お化け屋敷を運営するZAUNTED(ゾウンテッド)は11月30日、ホラーマーケティングの秘密を発表した。有名企業よりオファー集中の国内随一お化け屋敷企業がユニークなメソッドを発表。3大キーワードとして、お化け屋敷、ハロウィーン、ゾンビを選出した。

お化け屋敷のオファーは、 12月や正月にまで早々に相談メールが届き、 実はそれでも遅い方とのことだ。 次の年のGW前の4月、 春休み開業目指してオファーが届き始める。前年の9月前後から計画が始まり、それらが遅れれば順番待ち、 翌年へ持ち越し、 或いは、 断ることとなる。

近年広がるホラーブーム

■ゾンビブーム

ゾウンテッドでは 特殊メイク、 特殊造形を外注なしで手掛けられるスキルを持ち、 映画、 TV、 イベント、 講師の依頼まで依頼を受けている。ソンビ映画で必ず名前を上げられる世界的に有名な「バイオハザード」「ウォーキング・デッド」など強力なヒットコンテンツに関する様々な演出依頼実績が物語っている。

ゾンビブームを見越し先駆け名付けた”ゾンビ屋敷”「ゾンビ防衛大学」では、 通常1万人でヒットと言われるスポットイベント型お化け屋敷の動員データを、 28日間で3万人動員という記録を樹立している。

■ハロウィーン市場

実は9、10月の依頼が夏より多いのが実情。これは上記の特殊メイク、 特殊造形、 ホラー演出までを担える弊社の独創的スキルによりオファーが加速している。そして独自の考え方だが、 ハロウィーンが数日で終わる事に対して、 多くのユーザーより「もっと年中ハロウィーンパーティーを増やして欲しい」という声が多いとのこと。

「実はゾンビが年中ハロウィーン関係なく仮装しやすいキャラクター、 コンテンツであることがキーポイントになっている」と同社は提唱する。ゾンビならばいつでも変身願望を叶えやすい風潮になったことによる。

■日本と海外の違い

本来、 海外市場では9、 10月がお化け屋敷本番。夏でなく、 ハロウィーンがお化け屋敷シーズンとなっている。 海外ではお化け屋敷ビジネス市場、 企業が圧倒的に多く、 夏場には何をしているかというと、 お化け屋敷業界のモーターショー的な規模で展示会が行われている。 広い家、 ガレージを持つ国柄により、 一般ユーザーがその展示会で最新お化け屋敷ギミック、 プロップを買い付け、 秋のシーズンに向けお化け屋敷を作っている。
それらの「お化け屋敷企業」は実に米国だけでも2000 軒以上あり、 投資家たちへ合計 10 億ドルの利益をもたらしている世界的ビジネスだとエコノミスト誌も発表している。「特にアジア圏からの相談が増加している実情もある」と同社。

■社会性

同社は、ブーム、 トレンドだけではなく、 社会的必要性まで常に真剣に考えている。「ホラーで社会貢献」を提唱し、 【地域活性】【地域創生】のに関する行政機関、 教育機関からの依頼、 その流れで、 「人を驚かす事の素晴らしさ、 そして、 AIで職が失われるような危惧を恐れるような現代で、 強い独自の職業を作り上げてきた経緯、 考え方まで」の講演による【創造】【文化】的役割を担う活動を行っている。

「毎年、 弊社お化け屋敷研究所OBALABOへの、 修学旅行の社会見学依頼まで多数依頼を得ている。旅のしおりに「ゾウンテッド社→ディズニーランド」と書いてもらっており、 感慨深く、 われわれのホラーという一見ネガティヴで珍妙な取り組みに間違いがなかった事を痛感している」と同社。

■最新テクノロジーによる広域的な興行性

同社では、 ホラーVR、 4Dアトラクションまで作成しており、 全国稼働による興行収入よるコンスタントな利益を得ている。

「以上のような裏側が見えれば、 以下のような実績がなぜ夏以外に弊社へ集中しているかが読み取れるだろう」と同社。

■CEOは[お化け屋敷のスペシャリスト] マイケルティー・ヤマグチ
・主な実績
[海外映画プレミア演出・レッドカーペット出演]: 「バイオハザード・ザ・ファイナル」「死霊館のシスター」「ウォーキングデッド」
[番組]: 「ジャニーズチャンネル」「超問クイズ~カメラを止めるな!出演俳優が熱演!超リアルなゾンビに扮している有名俳優を当てろ2時間SP」「ゲンバビト」「AKBINGO」「ニノさん」「Ya-Ya-yah」 「モヤモヤさまぁ~ず」「ワケありレッドゾーン」「オトナ養成所バナナスクール」「アバンティーズチャンネル」など (出演/特集)
[舞台]: 「滝沢演舞城」「ジャニーズシアター」
[映画]:  「イルカ少女ダ、 私ハ」「心霊病棟」「渋谷怪談」「リアル鬼ごっこ」
[アトラクション]: 「台場怪奇屋敷」「超心霊ドウガ」「BIOHAZARD」「婆医のハザード」「呪怨」「ゾンビ防衛大学」ラフォーレ原宿「ゾンビ屋敷ZDU」「ニコニコ超会議」「ゾンビ村コスゲ」その他、 渋谷VR PARK TOKYO、 「オバケリアVR」
他、 東京駅、 東京タワー、 東京ドームシティー、 サンシャイン60スカイサーカス、 越谷イオンレイクタウンVR CENTER、 メイカーズピア、 ハウステンボスなど全国で展開。
[マイケルティー公式ツイッター] https://twitter.com/MTYamaz

[コーポレーションサイト] http://obake.red/corp/

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ