楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ:日本交通公社 旅行動機は変化なし、行動は変化

20/07/30

日本交通公社(東京都港区)は7月30日、コロナウイルス感染症の流行が旅行行動に与えた影響について、旅行に行く動機や旅行のタイプに変化は見られなかったものの、旅行中の行動については34・7%が「変化する」と答え、三密回避やマスク着用を重視しているとするアンケート結果を発表した。

調査は5月20-6月5日に郵送で行い、1472人が回答した。詳細は同公社のウェブサイトに「新型コロナウイルス感染症流行下の日本人旅行者の動向」として公表している。

旅行の動機については「旅先のおいしいもの」「日常生活からの解放」が二大動機で変わらなかった。旅行タイプも「自然観光」「温泉旅行」に変化はなかった。

一方で収束後の旅行が変化するかを尋ねると、「変化する」が 34.7%、「わからない」が 43.2%あり、「変化しない」も 15.4%あった。

「変化する」内容について自由記述してもらうと、半数程度が「三密回避」と「マスク着用など公衆衛生」をあげた。

1月から3月にかけての旅行中の行動変化

実際に国内旅行先で行った予防策では、1月と3月では大きな違いが見られた。「マスク着用」は36・1%から75・0%に、「除菌剤を携行」は22・9%から51・8%に、「換気の悪い空間を避ける」は11・5%から39・5%に増えている。「特に何もしていない」は1月の47・4%から9・1%に大幅に減少した。

コロナウイルス感染症の流行収束後の旅行先では、国内旅行は69.8%が「行きたい」、25.7%が「当面(2年間程度)は行きたくない」と回答した。海外旅行は「当面は行きたくない」が41.6%、「行きたい」の27.4%を大幅に上回った。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ