楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

新経済連 若者の接種促進や接種者の移動、会食人数等の制限緩和を提言

21/09/14

新経済連盟(東京都港区、三木谷浩史代表理事)は9月13日、コロナ感染症対応として大学に加え中学校、高校でのワクチン接種の促進など「『Back to Nomal』へ向けた打ち手」と題した提言を発表した。

提言はステップ1と2からなり、1では若者のワクチン接種の促進策として中学校、高校での接種のほか、6歳以上の実施を検討し、小学校での接種実現も求めている。

ステップ2では経済活動再開のための措置として、コロナウイルス感染症の感染症法上の位置づけを見直し、ワクチン接種証明または陰性証明保持者は季節性インフルエンザ相当とするよう提言している。

また、政府が9月9日に行動制限緩和については、民間経済会の実態や声を踏まえて具体化するとしたことを受けて、ワクチン接種証明または陰性証明保持者については各種制限を撤廃するよう求めた。

接種者等については政府が旅行で都道府県をまたぐ移動を認めることを明示、周知することや、飲食店利用では会食人数制限の撤廃、イベントや興行についても緊急事態宣言区域を含め全地域で人数制限の対象から外すよう提言した。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ