楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JR東日本 コロナ影響で群馬DCの臨時観光列車4本を運休

20/04/01

コロナウイルスの感染拡大を受けて、JR東日本は3月31日、群馬DC(デスティネーションキャンペーン、4-6月)で運転を予定していた臨時観光列車4本の運休を発表した。

「群馬DCオープニング号」(4月4日、高崎-水上駅間)、「ダブルSLぐんま号」(4月4日、水上-高崎駅間)、「さいたま×ぐんま号」(4月5日、熊谷-横川駅間)、「ELぐんま よこかわ」(4月5日、横川~高崎駅間)を運休する。

約1500人が予約していたが、全額払い戻す。

静岡アフターDCのオープニング列車も運転中止

また、3月31日、静岡DCアフターキャンペーン(4-6月)で、4月4日に運転を予定していたオープニング列車、 「春たびIZU CRAILE(伊豆クレイル)相模線から伊豆へ」の運休を発表した。

橋本-伊豆急下田間、伊豆急下田-小田原駅間で運行を予定していた。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽から始めるウィズコロナの旅

東京や関西などの緊急事態宣言が6月20日にようやく解除された。引き続き感染予防の徹底は求め...

スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ