楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

18年度は瀬戸内・山陰と北関東 JTB「日本の旬」の舞台決まる

17/12/15

JTB(髙橋広行社長)は11月29日、グループを挙げて展開する国内旅行活性化キャンペーン「日本の旬」の2018年度の対象エリアを発表した。上期(4―9月)は「瀬戸内・山陰」、下期(10月―19年3月)は「北関東」。地元自治体など観光関係者と連携しながら地域の魅力を、商品を通して発信する。

「瀬戸内・山陰」は中国地方5県が対象。鳥取では大山開山1300年、島根では松平不昧没後200年、岡山では瀬戸大橋開通30年、広島では平清盛生誕900年、山口では明治維新150年と各県が歴史の節目を迎える年に、「ふたつの海と心地のいい旅舞台 海・山・街・食・歴史、ここで過ごす時間が5つ星」をコンセプトに旅の魅力を訴求する。

「北関東」は群馬、栃木、茨城県が舞台。「五色豊穣 また来たくなる感動三国」をコンセプトに、中禅寺湖の紅葉などの「赤」、伊香保黄金の湯などの「黄」、四万ブルーの奥四万湖などの「青」、かまくら祭りなどの「白」、けんちんそばなどの「茶」の5色にちなんだ旅をPRする。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ