楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

岐阜県・新穂高ロープウェイ 2階建てゴンドラをリニューアル

20/07/27

奥飛騨観光開発(岐阜県高山市)は7月22日、新穂高ロープウェイのゴンドラ2基を新型に交換した。

新たなゴンドラは国内で唯一の2階建てスタイルを継承しつつ、防曇・防凍加工の大きなガラス面で、より広くクリアな視界を確保した。オーストリア・カルバテック社製のオーダーメイドで、2基で約3億円する。

デザインがスタイリッシュに

搬器の寸法はこれまでとほぼ同じながら、定員を従来の121人から105人に減らし、今まで以上にゆったりと空中散歩を楽しんでもらう。ウィズコロナの三密対策として、現在は定員を半数程度に抑え運転している。

新穂高ロープウェイは、標高1117メートルの新穂高温泉駅から、標高2156メートルの西穂高口駅を第1、第2の2つのロープウェイを乗り継ぐ形で結んでいる。今回、新たなゴンドラを導入したのは、標高1308メートルのしらかば平駅から西穂高口駅を結ぶ第2ロープウェイ。

新穂高温泉-西穂高口駅口の往復料金は大人3000円、小人1500円。

ゴンドラのリニューアルに合わせ、しからかば平駅のベーカリーを拡充したほか、多言語対応券売機の設置、乗車券のインターネット販売を開始した。

新穂高ロープウェイは1970年の開業で、今年で50周年を迎えた。年間の乗客数は約35万人。このうち1998年に導入し、今回引退した2階建てゴンドラは22年間で899万人を運んだ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ