楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

世界遺産・姫路城のおもてなしを磨く 近ツー関西、管理運営を受託

18/02/02

近畿日本ツーリスト関西(三田周作社長)は今年3月1日から、世界文化遺産・国宝姫路城の管理運営を行う。外国人観光客をはじめ急増する入城者への受け入れ対応の向上を図る。姫路市から委託を受けた。

「平成の大修理」を終えて2年半以上が経過した姫路城には年間200万人以上が入城している。特に外国人観光客が急増しており、今後もさらに増加が見込まれている。そのため、来城者に対する「おもてなし」の向上が喫緊の課題となっていた。

姫路城

輝く白が美麗さを演出する姫路城

近ツー関西では約50人のスタッフを雇用し、添乗員業務などで培ってきた人材育成のノウハウを生かした研修を実施。スタッフのスキルアップを促す。インバウンド対応としても多言語対応ガイドを養成し、外国人観光客向けの姫路城ガイドツアーを定期的に実施するほか、多言語対応コンシェルジュを城内に配置し応対する。姫路城の集客を目的とした旅行商品も企画造成する。

また、姫路城の魅力をVRで補完し新たなコンテンツとするサービスを提供。360度パノラマの動画や静止画をバーチャルリアリティとして臨場感のあるツールを凸版印刷の協力で開発する。姫路城専用のホームページの制作と運営も行い情報提供にも力を入れる。

業務受託期間は今年3月から2021年2月末まで。

近ツー関西では「これまで培ってきた総合旅行会社としてのノウハウを最大限に生かして、姫路市の交流人口の拡大にも寄与していく」としている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ