楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

GW10連休効果大きく、国内旅行はプラス値に JATAの6月期旅行DI

19/07/03

日本旅行業協会(JATA)の6月期(4―6月)旅行市場動向調査の結果によると、国内旅行の景気動向指数(DI)は4で、前期(1―3月)より10ポイント上昇した。近2年では初のプラス値に。海外旅行は6ポイント上昇してマイナス2、訪日旅行は9ポイント上昇の5と、3分野いずれも大きく上昇。ゴールデンウイーク10連休効果が大きく、好況だった。

国内旅行は、団体旅行が回復、個人旅行もシニア層が上昇傾向で、前期を大きく上回った。業態別は第1種が14上昇の6、第2種が16上昇の11とプラス圏になった反面、第3種は18下落のマイナス18に落ち込んだ。

エリア別では、東北が16上昇のマイナス16、ほ北海道が14ポイント上昇3など上昇したエリアが多い。

旅行会社からは「シニアが好調、単価も上昇傾向」「北海道や沖縄、TDR、USJへの予約が多く、夏休みも期待」などの声があがった。

国内の次期(7―9月)DIは、18下落してマイナス14の見通し。GW10連休の反動もあるとみられる。

海外旅行は団体旅行のインセンティブ、方面ではアジアが好調で、近2年で最高のスコアに。方面別ではアジア以外の地域は多くが横ばい。

次期DIの見通しは16下落してマイナス18。こちらも個人旅行でGW効果の反動が大きそうだ。

訪日旅行は、中国や東南アジアからの旅行者増加が目立つ。次期DIは7下落のマイナス2。

調査は4半期ごとに実施。JATA会員など312社が回答した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
この夏、海の鳥羽がひと際かがやく

本格的な夏の旅行シーズンが目前に迫り、梅雨明けが待ち遠しい。全国の観光地では活況に備え、魅...

瀬戸芸・日本遺産に湧く香川小豆島

3年に一度の瀬戸内国際芸術祭。瀬戸内海の島々を舞台に、世界中からゲストを集めるビッグイベン...

世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

世界水準の山岳高原リゾート地を標ぼうする長野県。特集後編はビーナスラインから。その中核リゾ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ