楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

どこで見ようスーパームーンの皆既月食、スキー場で観賞会も

21/05/26

現在の新宿の上空は青空3割、薄い雲7割といったところか。予報通りに、このあとすっきりと晴れてくれるのだろうか。

今夜は皆既月食。地球と月との距離が最も接近するスーパームーンと皆既月食が重なるのは、24年ぶりだそうだ。18時44分頃から部分食が始まり、20時09分頃から20時28分頃までの約19分間、皆既月食の状態になる。淡く赤い色の満月を見るのが楽しみだ。

南東側が開けた近所の公園で見るつもりだが、灯りが少なく空気の澄んだ場所だったらもっといいだろう。

「日本一の星空の村」を自認する長野県阿智村では村内の「ヘブンスそのはら天空のスキー場」で「スーパームーン皆既月食イベント」が行われる。ゴンドラと普段は運行しないリフトを乗り継ぎ、標高1400メートルから皆既月食を観賞する。

「日本一の星空の村」阿智村で皆既月食

ゴンドラの運行は17時45分から。展望台エリアは19時45-20時40分の間ライトダウンする。

参加費は大人3200円、子ども1600円で、チケット購入はオンラインのみ。阿智★昼神観光局によると100-200人ほどの参加が見込まれている。

ヘブンスそのはらでは年間を通して星空ツアーを実施し、コロナ前は年間11万人が参加している。ただ、通常、梅雨の時期の星空ツアーは休止。今年は皆既月食ということで特別にプランを企画した。

最も気になる天気はというと「予報では晴れですが、今は雲も多い状況」(阿智★昼神観光局)と少し心配の様子も。

同じく長野県茅野市の「車山高原SKYPARKスキー場」でも「車山高原スーパー皆既月食」と銘打ち、夜間にリフトを運行する。こちらの観測会場は標高1700メートル。

車山で皆既月食

これまでにも星空観察ツアーを行ってきたが皆既月食観測は初めての企画。リフトの運行は18時45-21時まで。参加自由の星空講話も含めて料金は大人3000円、子ども1500円。これまでに120人の予約があり、さらに現地での申し込みも受け付ける。

同スキー場では「地元のお客様が中心です。平日にもかかわらず参加いただけることが嬉しいです」と話している。

こちらも天気予報は晴れ。夜間の気温は10度くらいまで下がる見込みで「防寒の準備もよろしくお願いします」(同スキー場)とのこと。

6月以降、毎週土曜日に星空観察でリフトの運行を予定している。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ