楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

国内微減、海外は過去最高 JTB夏休み旅行動向、関西発は瀬戸内人気

19/07/10

JTBがまとめた夏休み(7月15日―8月31日)の旅行動向の見通しによると、1泊以上の旅行に出かける人は前年比0・1%減の7734万人の見込み。海外旅行人数は昨年に続き過去最高を更新すると予測するが、国内旅行人数が微減に。全体的には概ね前年並みだが、旅行費用はアップするなど明るい話題も。旅に出る人と出ない人の二極化が強まる傾向がみられる。

今年の家計をとりまく環境は、ボーナスの減少や景気低迷など不透明感が漂う。同社の調査でも旅行支出を増やしたい意向が前年より減少、減らしたい意向が増加するなど節約志向がさらに強まり、支出への慎重さが増している。ただ、今夏はお盆を中心に休日の日並びがいいなどのプラス要因もあり、旅行市場は前年並みに踏みとどまると予測される。

国内旅行人数は前年から同0・2%減の7435万人だが、景気の不透明さを考えると、“まずまず”か。ただ、ファミリー旅行の動きがいいことから、費用は同4・0%増と業界的には好況となりそう。旅行目的は前年に引き続き「帰省」が微増となる一方で、今年は「温泉」が増加。宿泊施設はホテルがプラス、旅館が前年並みで、実家や民宿・ペンションなどは低下と、旅に出る人は旅にお金をかける傾向が強まり、“二極化”の進展がうかがえる。

方面別では、甲信越、沖縄などが前年よりアップ。令和元年で伊勢も人気。アンケートからは花火大会や動物園・水族館などファミリー旅行に適した場所が人気だという。

沖縄

沖縄は今夏も好調

海外旅行は同3・5%増の299万人で調査委開始以来最高を更新。方面別では新規航空路線就航のイギリスや、グローバルDC展開中のハワイの予約が伸びている。

調査は1030人のアンケート結果とJTBグループの販売予約状況などから推計した。

JTBの関西発の夏休み予約状況は、全国的な動向とほぼ同様。

国内旅行は前年を下回る出足に。例年同様、東京、沖縄、北海道が人気だが、今年は「瀬戸内国際芸術祭」開催中の岡山・香川エリアも好調だ。

海外旅行は堅調で、ハワイ、ヨーロッパ、アジアの順に人気を集めている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ