楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

阪急交通社、19年度決算は減収減益 第4四半期のコロナ禍響く 

20/05/22

阪急交通社は5月14日、グループの2019年度連結決算を発表した。営業収益は対前年度比5・0%減の337億6600万円、営業利益は同86・8%減の2億3200万円だった。

グループは、阪急交通社と阪急阪神ビジネストラベル、阪急トラベルサポート、阪神トラベル・インターナショナルの4社。

海外旅行はヨーロッパや台湾が好調。情勢悪化の韓国や香港を除き大半のエリアで前年を上回ったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2月以降はキャンセルが相次ぎ、年間での収益は微増にとどまった。

国内旅行はチャーター便や商品力強化などを図った効果もあり堅調。ただ、コロナ禍の影響も大きく、年間収益は微減となった。

訪日旅行はヨーロッパ市場の拡大策が奏功。コロナ禍がありながらも増収だった。

20年度は、新型コロナの影響が不透明ななか、収束に向けた商品企画の強化と、社内外に向けてのオンライン化を進めるなどして危機的状況に対応していく。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ