楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

大学生観光まちづくりコンテスト、参加チームを募集 今年はニューノーマル、持続可能がテーマ

20/07/06

大学生が観光によるまちづくりプランを競う「大学生観光まちづくりコンテスト」が今年も開かれる。10回目の節目となる今回は新型コロナウイルス感染拡大による社会の現状を踏まえ、持続可能な観光まちづくりステージと題し、ニューノーマル時代を見据えたプラン設定がテーマ。7月27日まで参加チームを募集している。

同コンテストは、長田進・慶應義塾大学教授を実行委員長とする運営協議会が主催。JTBと三菱総合研究所が事務局を務めている。JTBグループは、開催地域と地域支店が連携し本選を運営。今年は埼玉支店が運営する。

今年は、茨城県・つくば霞ケ浦りんりんロードを活用した「持続可能な観光まちづくり」と、「ニューノーマル時代を見据えた観光まちづくり」をテーマにプランを募集。エントリー、プラン提出を経て、11月中旬―12月上旬の成果発表会に臨む。最終審査で観光庁長官賞など優秀プランに選ばれると、商品化やプロジェクト化を検討する。

廃線跡を活用したつくば霞ヶ浦りんりんロード

なお、コロナ感染拡大防止のため、説明会はウェブで、プランクせいもウェブ会議を推奨。成果発表会もウェブ実施になる可能性がある。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ