楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナビール 沖縄の観光支援で200組600人に宿泊券をプレゼント

20/10/22

コロナビールは、コロナウイルス感染症の影響を受けている世界の観光・旅行業界を支援する「Rediscover Paradise(リディスカバーパラダイス)」プロジェクトで、10月9日から、抽選で沖縄県の5つのホテル計200室の宿泊券が当たるキャンペーンを開始した。

コロナが掲げるブランドメッセージは「THIS IS LIVING」

ホテルはオキナワマリオットリゾート&スパ、ザ・ナハテラス、ザ・ブセナテラス、ロワジールホテル那覇、沖縄ハーバービューホテルの5つ。公式サイト(https://corona-extra.jp/rediscover-paradise/)から申し込むと抽選で1組3人、200組600人に宿泊券が当たる。応募受け付けは11月8日まで。

同プロジェクトでは世界11カ国の1000軒以上のホテルの客室1万4000室をコロナビールが予約、料金を先払いした上で旅行者にプレゼントする。このうち日本ではコロナビールの年間ブランド予算から2000万円を宿泊券のプレゼントに充てている。

コロナビールはブランドメッセージである「THIS IS LIVING」を体験できる場所として、2015年から5年間沖縄県豊見城市の美らSUNビーチで音楽イベント「コロナ・サンセットフェスティバル」を開催してきた。

今回の宿泊券プレゼントキャンペーンについて「沖縄でしか体験できないコロナフェスの開催で、長年お世話になってきた沖縄に対して恩返しをする気持ちで、沖縄県内の観光・旅行業を支援しています」としている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ