楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

19年度は13%増の399億円 全旅、クーポン取扱額を発表

20/08/03

全旅(中間幹夫社長)の2019年度クーポン実績がこのほどまとまった。取扱額は18年度比113%の398億8450万円だった。

19年度に1割以上伸びたことについて同社では、送客正会員の発券限度額を保証金の20倍に増額したことや、BtoBのオンラインシステムTrip全旅のサービス開始が取扱増につながったと分析。18年度に実施した送客正会員の保証料制度の廃止、業務用クーポンの取扱スタートも奏功した。

券種別では、宿泊券が164億5300万円、観光券が151億2500万円、船車券が39億2千万円、日旅アルファライン43憶4700万円だった。11面に券種別受入機関、送客会員の取扱上位100社を掲載。

また、全旅では7月1日から、全旅クーポン会正会員新規入会キャンペーンを始めている。開始から2週間で約70社が入会した。

キャンペーンは通常5万円の入会金を2万5千円に半額。入会時の月次発券限度額が1千万円未満の場合、3期分の決算書提出を求めていたが決算書の不要とした(ただし月次発券限度額1千万円以上の場合は必要)。

9月30日まで。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ