楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

KNT関西、大阪府泉佐野市と共同で簡易フェイスシールドを制作 地元日本遺産PRや地域活性化につなげる

20/08/08

近畿日本ツーリスト関西(三田周作社長)和歌山支店はこのほど、大阪府泉佐野市と共同で、新型コロナウイルス感染予防策として飛沫感染防止用の簡易フェイスシールドを制作した。旅行中の安全を強化、安心して同市の旅を楽しんでもらう。

同市は、コロナ感染防止と経済の両立を目指すなか、観光面では日本遺産認定の「旅引付(たびひきつけ)と二枚の絵図が伝えるまち ―中世日根荘(ひねのしょう)の風景―」のPRを強化したい意向を持つ。その取り組みに同社が賛同、観光時の感染防止と日本遺産認定PR策を兼備したツールの開発を模索し、今回のフェイスシールド制作にたどりついた。

フェイスシールドは、ブリヂストン先端技術創出部とプロダクトデザイン室から提供された、エンジニア考案のクリアファイルを用いた型紙がベース。簡易フェイスシールドを作成した後は、残りの部分がしおりや定規として使える仕様になっている。

両者は、フェイスシールドを日本遺産をはじめ市内の観光スポットを訪れる市民、観光従事者双方に利用してもらうことで日本遺産認定の周知、と観光による地域経済活性化につなげたい考えだ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ