楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ禍の旅行業界に刺激 JATAら、学生の海外旅行企画コンテスト(2) ニューノーマル時代の新発想

20/09/28

準グランプリは、読売旅行の協力を得た流通科学大学の「トルコン・クエストの旅〜RPG世界観に浸るトルコ7日間」。オリジナルMISSONブックを手に、トルコ各地で7つの課題をクリアするという、ドラクエ世代(20―40代)をターゲットに据えた体験型・顧客参加型のツアー。日吉副委員長は「発想、着眼点が素晴らしく、現地を良く勉強しテーマ性があった」と評価した。

学生と旅行会社でつくる海外旅行企画コンテスト

自らが考案した海外旅行企画について
熱くプレゼンテーションをする学生

そのほか一次審査を通過し優秀賞を受賞した大学・専門学校のチームは次の通り。カッコ内は担当旅行会社。京都橘大学Aチームは「耳で楽しむ〜台湾3泊4日〜」(JTB)▽ホスピタリティツーリズム専門学校大阪Aチーム「音・味覚・香り・触感で楽しむオーストリアの魅力〜ザルツブルグ・ウィーン7日間」(JTBメディアリテーリング)▽武庫川女子大学「癒しの青とフォトジェニックな旅」(阪急交通社)▽京都橘大学Bチーム「未来の環境を育てる調査隊〜SDGsを学ぶバリ島4泊6日の旅〜」(エキサイトT&A)▽和歌山大学「オーロラツアーinスウェーデン」(近畿日本ツーリスト関西)。

審査員は日吉副委員長のほか、京都外国語大学の廣岡裕一教授、関西エアポート航空営業部の筒井千恵さん、日本航空関西地区販売部の土井英樹さん、ANAセールス関西支社の福井幸生さんが務めた。全体講評で「ニューノーマル時代に新しい発想が必要になってきます。ぜひ我々の力になってほしい」と呼びかけ、学生の健闘を称えていた。

なお、最終審査会・プレゼンテーションの模様は後日ウェブ配信する予定。

(前の記事)コロナ禍の旅行業界に刺激 JATAら、学生の海外旅行企画コンテスト(1) 最優秀賞はチェコで“飲み旅”

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ