楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JTB「日本の旬 九州」がスタート 21年3月末までオリジナルプランを発信

20/10/01

JTB(山北栄二郎社長)が国内旅行活性化を目的に半年ごとに展開する国内デスティネーションキャンペーン「日本の旬 九州」が10月1日に始まった。地域観光素材を磨き上げたオリジナルプランの設定で、九州が持つ奥深い魅力を伝えていく。2021年3月末まで。

テーマは「Re Sight Kyushu―時をつむぐ 未来へつながる」。「自然・風景」「歴史・文化」「食・味覚」「体験」 「復興・つなぐ」を切り口に魅力を再発見、近年相次いだ災害からの復興、未来へつなぐという思いを込めた。

日本の旬 九州

個人旅行商品では、オリジナリティあふれる企画を展開する。「アイランドホッピング」は九州の航空会社オリエンタルエアブリッジと連携。五島列島・対馬・屋久島・奄美大島を専用機で結び、機長はじめ航空クルーも旅をサポートするという今までになかった旅を実現させた。

糸島や阿蘇、ハウステンボスでは「ニューノーマル時代に対応すべく2階建てオープンバスを運行。ドローンで旅の風景を撮影するプラン、柳川や武雄、高千穂などでの歴史文化を訪ねるプライベートガイドプラン、海から世界三大夜景を眺める長崎夜景観賞クルーズなど個性的なラインナップをそろえた。

団体旅行では、観光列車の宝庫・九州ならではの列車チャータープランが登場。「或る列車」「A列車で行こう」などが貸し切れるファン垂涎の企画だ。熊本では被災の現状・復興を学ぶプラン、ダムや橋などを見学するインフラツーリズムなど学びの要素を含むプランも多く設定している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ