楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JATA 今年の総合旅行業務取扱管理者試験は4225人が合格 

20/11/25

日本旅行業協会(JATA)は11月20日、2020年度の総合旅行業務取扱管理者試験について1万378人が受験し4225人が合格したと発表した。

試験は10月11日に実施された。台風19号で複数会場で試験を実施できなかった昨年を除いて受験者数は例年と同じ水準で、コロナウイルス感染症による顕著な影響は見られなかった。合格率は40・7%で従来の20%台に比べ高かった。

合格者数を職業別に見ると旅行業が2418人と最も多く全体の6割弱を占めた。旅行関係以外の会社員500人、大学生428人、専門学校生307人の順で多かった。

年齢別では24-29歳が1142人、30-39歳が1108人でそれぞれ全体の3割弱を占めた。

総合旅行業務取扱管理者は旅行業法により定められた資格で、旅行の安全や管理・監督業務などを行う。旅行会社は営業所ごとに1人以上の資格者を選任する必要がある。JATA は観光庁長官の試験事務代行機関として毎年1回、試験を実施している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ