楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

KNT―CT、21年3月期はコロナ禍響き284億円の赤字決算(2) 次期も厳しい予測、構造改革に注力

21/05/13

2022年3月期は、連結業績予想は売上高が前年比104・8%増の1800億円、営業損失が130億8200万円改善の140億円、経常損失が26億2700万円改善の141億円、当期純損失が136億5600万円改善の148億円。事業構造改革による人件費減や店舗統廃合などコスト削減効果も見込むが「厳しい状況は当面続く」(三宅専務)との予測が背景にあり、改善はするが損失は続くとの判断だ。

国内・海外でのワクチンの普及は年末に完了との想定、東京オリンピックは見込まないことを前提に、国内旅行はコロナ前の18年度で50%程度までしか戻らないと厳しい予測。団体旅行は一般の大きな受注は現段階で入っていないものの、修学旅行はコロナの状況次第ながら「現時点で予約は減っていないので例年通り」(米田社長)。個人旅行は海外、訪日はほぼ見込まず、海外旅行の売上高は18年度比で10%程度との見通しだ。

今後、黒字化転換は23年3月期に営業利益50億円、当期純利益40億円へと伸ばす計画。26年3月期には営業利益130億円以上、当期純利益110億円以上を目標に据える。

米田社長は、持続的成長へ「中期経営計画の必達」を繰り返し強調。「コロナをはじめ不透明な状況に対しさまざまなシミュレーションを進めている。残った者の責任として、今回の危機を経営に生かさないと経営陣のいる資格はないと考えている」と不退転の決意を語った。

(前の記事)KNT―CT、21年3月期はコロナ禍響き284億円の赤字決算(1) 400億円増資で債務超過解消へ

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ