楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JTB、鹿児島県大崎町と連携協定を締結 循環型地域経営モデルを視察・教育旅行コンテンツ化

21/09/06

JTB(山北栄二郎社長)は9月3日、鹿児島県大崎町(東靖弘町長)と地方創生に関する連携協定を締結した。町内に同社のサテライトオフィスを開設し、同町が進める循環型地域経営モデルの視察など観光振興による交流人口創出をはじめ地域活性化を推進。持続可能なまちづくりにつなげていく。

両者はJTBのふるさと納税ポータルサイト「ふるぽ」を通してふるさと納税の活用に関して協力してきたが、今回の協定締結はそれをさらに強化。「SDGs未来都市」として取り組みを進める同町のリサイクルシステムをフックに交流人口・関係人口の拡大、ふるさと納税を活用した町の活性化による雇用創出するなどに取り組む。

JTB、鹿児島県大崎町と連携協定

東町長と、
スクリーン内は森口浩紀・JTB地域ソリューション事業部長

具体的には、住民によるリサイクルや生ごみの堆肥化など低コストの廃棄物処理システム「大崎システム」を循環型地域経営モデルの視察コンテンツとして開発。企業・団体の視察研修や教育旅行を誘致するほか、観光素材を発掘、磨き上げに周辺自治体と連携して展開する。

また、町内にサテライトオフィスを設置し、地元産品の生産者との連携を強化。産品を開発し、ふるさと納税に限らない販路の拡大を支援する。ふるさと納税についてはコールセンターやクリエティブセンター機能を整備し雇用創出につなげる。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ