楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

OATAとOATA連絡協、セールス会&交流会開く 協定会員増目指しCP展開

22/07/26

協同組合大阪府旅行業協会(OATA、鈴木隆利理事長=ワールドツアーズ)とOATA連絡協議会(服部一平会長=ジャパンドライブインセンター)は7月13日、大阪市天王寺区のシェラトン都ホテル大阪で「OATAセールス会&交流会」を開催。OATA組合員と連絡協会員あわせて120人が出席した。

商談会の冒頭、あいさつした連絡協の大塚稔副会長(福島交通)は「3年ぶりに顔を合わせることができました。しっかりと情報交換してください」と述べ、連絡協会員が自らの地域や施設を組合員に熱心にアピールしていた。

OATAセールス会&交流会

3年ぶりに顔を合わせて熱心に情報交換する参加者

その後の交流会で服部会長は「ウイズコロナ、アフターコロナに向けた新たなスタートを切るために商談会、交流会を開くことにしました。明るい未来を掴むことのできる一歩にしてほしい。OATAとともに旅行・観光業界が発展するよう頑張っていきましょう」と呼びかけた。

鈴木理事長は「連絡協議会の会員80社から新しい情報をいただき、感謝しています。OATAクーポンの発券は2019年と比較するとまだまだですが20年、21年の実績からすると今年2―7月で2・5倍の伸びになっており、組合員の皆さんに感謝したい。新入会も今期5社を目指し、支部会を中心に頑張っているところです」と話した。協定会員増を目指すキャンペーンを実施することにも触れ、契約金やデータ管理費を免除した会費を新たに設けたと発表。連絡協会員に入会施設の紹介を依頼した。

これまでOATAとOATA連絡協議会は夏の恒例行事として「納涼ビアパーティー」を開催し例年300人が参加していたが、今年は商談・交流会に代替。ビアパーティーは3年続けて中止している。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ