楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

団体バス旅行の復活 全旅協大阪府旅行業協会、体験ツアーで感染対策を学ぶ(2) 事業者、行政一体で集中販売を

「フィジカルディスタンス」で一致団結を

永野さんは「Go Toトラベルで、中小旅行業はほとんど恩恵がない。各県の助成金事業を受注し頑張っている全旅協各支部もあるが、本部としても中小旅行業を支援する枠を国に訴えていきたい」。

宮本さんは「当協会では密を避ける意味もあって貸切プランを数多く用意している。中小旅行業の皆さんには貸切プランを利用したバスツアー造成をお願いしたい」。

池見さんは「宿泊客が増えているのは、おごと温泉の各旅館が他地域に比べて相当な努力を行ってきた結果だと思う。9軒600室、3千人のキャパを埋めるためには旅行会社からの団体がないと厳しい。旅行業の人たちと協力しバス旅行を増やしたい」。

金子さんは「せっかくのGo Toトラベル。バス旅行は安全で、今バス旅行に行けばお得ですよ、といった集中販売ができないだろうか」。

吉村会長は「我々の強みは団体向けのバスを使った団体旅行。物理的・身体的な距離を置くソーシャルディスタンスではなく、人と人とのつながりを保つフィジカルディスタンスというスタンスでバス会社、旅行会社、宿泊施設、観光行政がチームを組んで安心安全なバス旅行をアピールし、団体旅行の復興に努めましょう」と呼びかけた。

新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン体験バスツアー

ウイズコロナのバス旅行が議題に

パネルディスカッション前には比叡山延暦寺主事の星野最宥さんも現状を報告。朝日新聞、テレビ大阪の取材もあり、観光業界全体が安全性を確保できている観光バスの団体旅行の普及に努めていることを伝えた。

(トラベルニュースat 20年10月10日号)

(前の記事)団体バス旅行の復活 全旅協大阪府旅行業協会、体験ツアーで感染対策を学ぶ(1) 「安心安全」へ意見交換

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ