楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

人が人を呼ぶ長崎・壱岐 キューカンと観光連盟が商品化(2) 自然や文化、食など島体験

23/09/28

市長とも意見交換

宿泊先はビューホテル壱岐。ホテルで地元観光関係者との交流会が行われ、壱岐の自然や文化などが紹介された。壱岐側からは「関西からこれだけ多くの旅行のプロにお越しいただき、感謝したい」。関西の旅行会社側からは「壱岐のすべては見ていませんが、今回得た知識は今後の仕事に役立てたい」。

懇親会には壱岐市の白川博一市長も駆けつけ、旅行会社らと交流を深めた。

壱岐モニターツアー

交流会であいさつする壱岐市の白川博一市長

今回のモニターツアーに参加した旅行会社のメンバーの琴線に触れたのは、港での出迎えと見送りだった。

一行を乗せた高速艇が港に着くのを待っていたのは「ようこそ壱岐へ」と書かれた歓迎の横断幕と島の人たちの笑顔。帰りは「壱岐島でまっちょるけんねー!」の横断幕が掲げられ、メンバーは口々に「いろんなところへモニターツアーに行きましたが、今回のような出迎えと見送りは初めてです」と感動していた。

壱岐モニターツアー

横断幕を掲げて関西圏の旅行会社を
港で見送る壱岐の皆さん

島を離れてからもその余韻は残り、帰りの車中で「最低でも各府県から一組は送客し、オール関西で取り組もう」ということになった。これも自然の成り行きのようだった。

キューカンによると「壱岐ユニットプランは現在もコンスタントに売れています」とのこと。新幹線と高速船を活用したユニットプランの効果だけでなく、壱岐の人たちの客を迎えるマンパワーが大きく貢献していると言えそうだ。

(前の記事)人が人を呼ぶ長崎・壱岐 キューカンと観光連盟が商品化(1) 旅行社招きモニターツアー

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ