楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「東北四大夏祭り」強し! 阪急交通社「夏祭り」ランキング、上位に変動なく

24/06/03

阪急交通社は5月28日、2023年の国内夏祭り関連ツアー申込者数をもとにした夏祭りランキングを発表した。1位は昨年に続き「東北四大夏祭り」。東北の伝統を伝える祭典を“はしご”するぜいたくなツアーが定番の人気だ。

1位の東北四大夏祭りは青森ねぶた祭(青森県)、秋田竿燈まつり(秋田県)、山形花笠まつり(山形県)、仙台七夕まつり(宮城県)の総称で8月上旬に相次いで開催される。巨大なねぶたが見ものの「青森ねぶた祭」、提灯がぶらさがる竿が艶やかな「秋田竿燈まつり」、浴衣と花飾りのついた笠を持って踊る「山形花笠まつり」、商店街に飾られた豪華な笹飾りが見どころの「仙台七夕まつり」といずれも個性的な祭事。コロナ禍明けとなった前年は大きな人気を集めた。

東北四大夏祭り

東北四大夏祭り

2位も昨年に続きおわら風の盆(富山県)。伝統と幻想の静けさが地域の個性を感じさせてくれる。3位は古都・京都の夏の風物詩である祇園祭(京都府)、4位はダイナミックな阿波おどり(徳島県で、前年と順位が入れ替わった。5位は巨大なねぷたで知られる五所川原立佞武多(青森県)で、トップ5の顔ぶれが前年と変わらず。

以下、6位はよさこい祭り(高知県)、7位は盛岡さんさ踊り(岩手県)、8位は五山送り火(京都府)。

調査対象は同社の23年7―9月催行の夏祭りツアー。発着地は問わない。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ