楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

乗ってみたい観光列車 しらかみ、しまかぜ人気

18/10/19

JTBはこのほど、「観光列車」に関するウェブアンケート調査を行い、結果をまとめた。全国各地で誕生が続くが、旅行者の関心は依然として高く、もはやその存在は国内旅行の選択肢として定着してきたようだ。

「観光列車に関心があるか」の問いには、「関心がある」42%、「少し関心がある」41%。5人中4人と大多数が関心を持つ。ただ、実際の乗車経験がある人は37%にとどまり、限定的。半面、市場拡大の可能性はまだまだあるともいえる。

では、乗車経験がある人が「その列車を選んだ理由」は、圧倒的に「外観」が多い。個性的な造りが観光列車の売りのひとつだけに、戦略は奏功しているといえる。次に定番の「景観」。

「印象的な列車」はJR五能線の「リゾートしらかみ」がトップ。景観や津軽三味線の演奏、途中下車ができる点などが高評価だった。2位「くしろ湿原ノロッコ号」と5位「嵯峨野トロッコ列車」は景観、3位「特急ゆふいんの森」と4位「観光特急しまかぜ」は、内装や外観など列車自体への関心が高いようだ。

「乗車が目的で旅先を決めることがあるか」は、46%があると回答。乗車自体が旅の目的になっている。

「今後乗ってみたい観光列車」は、くしろ湿原ノロッコ号、観光特急しまかぜがトップ2。印象的な列車に続き、やはりあこがれは高い。伊豆クレイル、リゾートしらかみ、現美新幹線が続く。

調査はJTBのウェブアンケート「たびQ」で実施。全国の10―80代の男女を対象に8月に行った。有効回答数は1734。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ