楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

和歌山県紀南エリアの移動スムーズに JR西日本、地元交通3社で連携

19/06/06

JR西日本和歌山支社は5月20日、南紀白浜エアポート、明光バスの白浜をはじめ和歌山県紀南エリアの交通関連事業者3社で包括連携協定を締結した。鉄道、航空、バスの相互連携でシームレスな移動を実現、観光客の受入態勢を整備し地域活性化につなげる考えだ。

紀南エリアでは、各事業者が個別に交通事業を展開し、目的地までの不便さや待ち時間の長さなど、観光面で課題を抱えている。さらに多言語対応や乗り継ぎの困難さなど訪日外国人客の受入環境も整っているとは言いがたい状態だ。

今回の協定は、これら課題を解決し、移動の円滑化を実現することで観光発展、まちづくりにつなげようというもの。将来的には紀伊半島の玄関口として白浜を発展させるほか、地域と連携したサービスの提供などまちづくり面での参画も視野に入れる。

具体的には、最適なルート案内や待ち時間の解消、利用状況の共有でフレキシブルな運行体系を構築するなど、3社連携で最適化された交通網を構築。さらにICTの活用やキャッシュレス化で訪日客の移動円滑化を図るほか、地域と連携しての体験・おもてなし創出などを目指して取り組みを進める。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ