楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【夢雨】着地型観光のスペシャリストが作る東京発の観光研究所が誕生

19/08/01

8月1日、東京都・西日暮里に着地型観光の新たな姿などを考える組織「観光情報総合研究所 夢雨(むう)」が誕生した。代表は、これまでにKNT-CTホールディングスで国内旅行部部長などを歴任した中村修氏。日本全国、他にはない新たな観光コンテンツ作り、支援などを行う。

「地元住民が好きになる観光地域づくりを目的にさまざまな取り組みを進めていこうと思っております。地元民が好きになることが外からのお客様を呼び寄せる最大の要因となり、昨今言われるオーバーツーリズムを避けることもでき、着地型観光の新たな姿を作り上げることができるものと考えております」と中村氏。

全国の自治体、観光関係者に向け、元旅行会社出身の「旅のスペシャリスト」としての経験の活用が期待される。

問い合わせ先は、観光情報総合研究所「夢雨」、☎03(4400)4381、E-mail:mue-prj@u01.gate01.comまで。

夢雨

「夢雨」中村代表

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ