楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

現美新幹線が東京駅に初乗り入れ 10月5、6日

19/08/19

JR東日本新潟支社は10月5、6日の2日間、現美新幹線を新潟-東京間で運行する。現美新幹線が東京駅に乗り入れるのは初めて。

現美新幹線が初めて東京駅に乗り入れる

長岡の花火を描いた外観を写真家の蜷川実花さんがデザインし、各車両内は美術館に見立て現代アートを展示する現美新幹線。JR東日本では「世界最速の芸術鑑賞」としてアピールする。

通常は、新潟-越後湯沢間で運行。全国で唯一、新潟県内だけを走る、新潟に来なければ乗れない、見られない、撮れない新幹線として、新潟への誘客を担っている。

旅行商品専用列車としては、これまで大宮-新潟、仙台-大宮、上野-新潟の運行はあったが、今回、初めて新潟-東京間で運行する。

8月26日に現美で行く「びゅう旅行商品」を発売

びゅうトラベルサービスは8月26日に、新潟県内-東京方面間で、片道、現美新幹線に乗車する「びゅう旅行商品」を発売する。往復JR券と現美新幹線オリジナルグッズ、東京駅のグランスタ丸の内の利用券1000円分が付いて、大人17000円。

阪急交通社やクラブツーリズムなどでは、すでに販売している。

新潟県では、県と山形県庄内エリア、JRグループが共催する「新潟県・庄内エリアDC(デスティネーションキャンペーン)」が、10月1-12月31日まで開催される。テーマは、「新潟・庄内ガストロノミー 日本海美食旅」。食や食文化の発信と提供に力を入れ、食を通じて地域の魅力を知ってもらう。

JR東日本新潟支社では現美新幹線の東京駅乗り入れで、新潟・庄内DCを盛り上げる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

令和に号令、山陰新時代島根編

山陰では今、令和の時代に飛躍を期する様々な取り組みが進行中だ。山陰デスティネーションキャン...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ