楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ANA、19年お盆期間旅客数は国内は減少、海外は前年並み

19/08/21

全日本空輸(ANA)はこのほど、2019年お盆期間の利用実績を発表した。国内線は、旅客数が158万5016人(前年同期比99.6%)、利用率が85.0%(同2.1%増)だった。国際線は、旅客数が32万4077人(同増減なし)、利用率が87.8%(同0.5%減)だった。

ANAお盆期間利用実績

ANAお盆期間利用実績

国内線トピックス

国内線は、台風の影響があったが、帰省やプレジャー需要が好調に推移し、利用率は昨年を上回った。方面別では北海道、東北・北陸方面が好調だった。期間中のピーク日は、下りが8月9、10、11、12日、のぼりが8月16、17、18日だった。

国際線トピックス

国際線は、台風の影響があったが、日本初のプレジャー需要が好調だった。方面別ではハワイや北米が好調だった。期間中のピーク日は日本初が8月9、10、11、12日、日本着が8月17、18日だった。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

四県四色四国を彩る高知編

第3弾は高知県。維新の国土佐が今あえて売りだすのは「自然・体験」。これに高知城のアート...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ