楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JR東日本、2020年春開業へ「高輪ゲートウェイ駅」の概要発表

19/12/05

JR東日本は12月3日、高輪ゲートウェイ駅の概要について発表した。新たな駅サービス設備の試行導入・これまでにないエキナカ店舗を実現。2020年春の開業に向け、「グローバルゲートウェイ品川」をコンセプトに、2024年頃のまちびらきを予定しているあたらしい街の核として、東京と世界をつなぐ玄関口となることを目指す。

同駅は、JR東日本が推進する環境保全技術を盛り込む「エコステ」の駅として、膜屋根採用による照明電力量の削減や、東北の木材使用による環境配慮など、さまざまな取組みを進め、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に取り組む。また、AI を活用した案内ロボットやさまざまな自律移動型ロボットを試行導入する。。

TOUCH TO GO によるサービスの向上や人手不足の課題解決を目指した無人AI決済店舗と、スターバックス コーヒー ジャパンによる新店舗が、駅構内に開業する。

「JR東日本グループのさまざまな『やってみよう』を盛り込み、最新の駅サービス設備の導入や実証実験を進め、新しいことをはじめる場所としていく」と同社。

詳細は、https://www.jreast.co.jp/press/2019/20191203_ho01.pdf

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ