楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ANA、A380型機「FLYING HONU」運航便を成田~ホノルル間をダブルデイリーに

20/01/09

ANAは 2020 年 7 月 1 日から、エアバス A380 型機「 FL Y ING HONU」の運航を現在の週10往復から週14往復へ拡大する。今後、ANA の成田 ホノルル線はすべて「FLYING HONU」での運航となり  、ボーイング787 型機にて運航する羽田ホノルル線と合わせて、旺盛な日本 ホノルル間の需要に応える。

現在 ボーイング 777―300ER 型機で販売している7月1日以降の成田 ホノルル線の機材は、1月9日から順次A380型機に変更する。

A380型機「FLYING HONU」は、2019年5月に成田 ホノルル線に就航し、現在、ハワイの「空」をイメージしたANAブルー、ハワイの「海」をイメージしたエメラルドグリーンの 2機体制で運航している。ウミガメをモチーフとした外観と充実した機内設備により、大変好評を得ている。3機目となるハワイの「夕陽」をイメージしたサンセットオレンジの機体 は、 2020 年 1 月下旬に塗装を完了し、2020年4月(予定)に受領後、必要な準備が整い次第運航する。

「驚き、感動、思わずシェアしたくなる新たなハワイ体験をしてほしい」とANA。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ