楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ANA、A380型機「FLYING HONU」運航便を成田~ホノルル間をダブルデイリーに

20/01/09

ANAは 2020 年 7 月 1 日から、エアバス A380 型機「 FL Y ING HONU」の運航を現在の週10往復から週14往復へ拡大する。今後、ANA の成田 ホノルル線はすべて「FLYING HONU」での運航となり  、ボーイング787 型機にて運航する羽田ホノルル線と合わせて、旺盛な日本 ホノルル間の需要に応える。

現在 ボーイング 777―300ER 型機で販売している7月1日以降の成田 ホノルル線の機材は、1月9日から順次A380型機に変更する。

A380型機「FLYING HONU」は、2019年5月に成田 ホノルル線に就航し、現在、ハワイの「空」をイメージしたANAブルー、ハワイの「海」をイメージしたエメラルドグリーンの 2機体制で運航している。ウミガメをモチーフとした外観と充実した機内設備により、大変好評を得ている。3機目となるハワイの「夕陽」をイメージしたサンセットオレンジの機体 は、 2020 年 1 月下旬に塗装を完了し、2020年4月(予定)に受領後、必要な準備が整い次第運航する。

「驚き、感動、思わずシェアしたくなる新たなハワイ体験をしてほしい」とANA。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ