楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

鉄道博物館が事前購入制で、6月10日から営業再開

20/06/02

首都圏と中部で鉄道テーマ館が営業を再開する。

鉄道博物館(埼玉県さいたま市)は6月10日、営業を再開する。ただ、人が密集することを避けるため、鉄道ジオラマ、ミニ運転列車、運転士体験教室など、多くの体験プログラムや実演は中止する。

一部の車内公開や、タッチパネル等も使用を停止し、見学が中心になる。レストランや駅弁屋は営業する。

混雑を避けるため、入館はすべて事前購入制となり、セブンイレブン、ローソン、ミニストップで時間指定の入館券を購入することが必要。施設窓口では入館券を販売しない。

鉄道博物館の年間来館者は約109万人。

JR東海のリニア・鉄道館(愛知県名古屋市港区)は6月3日に営業を再開する。年間来館者数は約40万人。

リニア・鉄道館

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ