楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

早春の伊豆・箱根・湯河原へ JR東日本・東海らが1月から「湯どき花どきキャンペーン」

20/11/28

JR東日本とJR東海、美しい伊豆創造センターは2021年1月1日―3月31日、静岡県と神奈川県にまたがり「伊豆・箱根・湯河原 湯どき花どきキャンペーン」を展開する。河津桜に代表される早春の花の名所で春を感じる旅を提案する。

JR東日本横浜支社が例年、同エリアで展開してきた温泉と花がテーマのキャンペーンに、今年度からは夜、食、絶景をテーマに加え、首都圏の20―30代前半女性をメインターゲットに据え、エリアの魅力を訴求する。

河津桜

早春の河津桜

列車利用の旅行商品は、3月にデビュー1周年を迎える「サフィール踊り子」のグリーン個室利用商品を発売。観光施設などの共通利用券「満喫パス」付きの新幹線利用商品も設定した。

静岡への旅は東伊豆町の「雛のつるし飾り制作体験と特別御朱印」や南伊豆町の「お花見人力車」、河津町の「ふるさと案内人がガイドする河津桜コース」といった静岡デスティネーションキャンペーンの企画をブラッシュアップして用意。びゅう商品で旅行商品としても発売している。

また、JRグループ協定旅館ホテル連盟横浜支部伊豆地区らによるおもてなし企画、各市町のプレゼント企画「いずポン!」なども実施。「ずらし旅」をはじめ様々な旅の楽しみ方も提案していく。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ