楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

関西3空港 10月の国内線旅客数は前年横ばいの121万人

21/11/29

関西エアポートは運営する関西国際空港、大阪国際空港、神戸空港の10月の利用状況を発表した。

3空港合計の国内線旅客数は前年比0・4%増の121万3803人となり、2019年10月との比較では5割程度だった。

空港ごとの利用状況は、関空は国内線旅客数が32万9026人(前年比18%増)、国際線旅客数は1万8061人(10%減)だった。

航空機の発着回数は6429回(27%増)。国内線旅客便は3036回(30%増)、国際線旅客便は538回(43%増)だった。国際貨物便の発着回数は2545回(22%増)で、開港以来単月としては過去最高となった。国際貨物量は2021年1月以降、10カ月連続で前年を上回った。

大阪空港は国内線旅客数が72万3541人(7%減)、国内線発着回数が8934回(20%増)だった。

神戸空港は国内線旅客数が16万1236人(7%増)、国内線発着回数が2406回(14%増)だった。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ