楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

NEXCO東日本 東北観光フリーパスを発売、高速道を割安で

22/04/11

NEXCO東日本(東日本高速道路)と宮城県道路公社は、東北6県の高速道路が定額で乗り放題となる「2022東北観光フリーパス」を販売している。

東日本大震災翌年の2012年から、東北観光を支援しようと4―12月の利用期間限定(GW、お盆など除外日あり)で販売している。

ETC利用車限定の割引プランで、対象エリアは青森、秋田、岩手、宮城、山形、福島の東北6県。域内発着の周遊プランは東北6県と北東北(青森、秋田、岩手)、南東北(宮城、山形、福島)の3種類。

このうち東北6県と南東北周遊プランには首都圏からの1往復利用が付いた首都圏発着プランがある。土日祝日を含む最大2日間と3日間プランがある。

いずれのプランでもエリア内の対象観光施設や宿泊施設などで優待の特典が受けられる。

利用期間は12月22日まで。普通車の利用料金は東北6県周遊プランが2日間7600円、首都圏発着東北6県周遊プラン3日間が1万6000円など。

お得に周遊

利用開始前までに、NEXCO東日本のウェブサイトから申し込む。

4月22日からはスマホで参加する東北6県スタンプラリーを始める。285カ所にスタンプスポットを設置。獲得スタンプ数などに応じて、抽選で合計707人に温泉宿泊券や各県の特産品などの賞品が当たる。

 

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ