楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

空の旅復活へSNSで魅力発信 国内空港と航空会社、観光局、JATAが共同キャンペーン

22/09/20

国内の空港13社と航空会社、観光局、旅行業団体らが参画した共同キャンペーン「#空とツナガル、空でつなぐ」が9月15日に始まった。コロナ禍からの航空利用の回復に向け、SNSキャンペーンで空の旅の魅力を共有。航空機を利用した旅の促進へ航空関係一丸で臨む。

キャンペーンは9月20日の「空の日」にあわせて展開するもので、参加企業・団体がSNSで投稿キャンペーンを2回実施し、共通ハッシュタグを付けて情報を発信。アカウント間を回遊してもらうことで空の旅への興味を促していく。2023年3月末まで。

キャンペーンには、北海道エアポート▽仙台国際空港▽成田国際空港▽日本空港ビルデング▽東京国際空港ターミナル▽富士山静岡空港▽中部国際空港▽関西エアポート▽関西エアポート神戸▽高松空港▽福岡国際空港▽鹿児島空港ビルディング▽那覇空港ビルディングの全国の空港会社が参画。大手やLCCなど航空、大阪観光局や各国観光局、日本旅行業協会も連携して実施する。

SNSキャンペーン「ツナガル、あなたの『空旅』」は、インスタグラムかツイッターで「#空とツナガル空でつなぐ」のハッシュタグをつけて空の旅に関係する写真を投稿。10月末までの「秋の空旅」、11月25日―23年1月20日の「冬の空旅」の各回10人に参加企業・団体のオリジナルグッズを詰め合わせた福袋「そら袋」が当たる。

詳しくはhttps://www.kansai-airport.or.jp/notices/tsunagaruへ。

空とツナガル、空でつなぐ

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ