楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

0.8ポイント増の87.1% JCHA調査・9月の全国平均客室利用率

17/11/24

全日本シティホテル連盟が調査した会員施設の10月の全国平均客室利用率は、対前年同月比0.8ポイント増の87.1%だった。

地域別では四国が93.5%でトップ。愛媛県で9月30日―10月10日に国体が行われたことが影響した。次に関東92.1%、北陸90.1%と9割超の地域が続出した。反対に低かったのは東北66.1%、九州77.3%、甲信越78.7%。

前年同月と比較すると、九州4.7ポイント増、北陸3.8ポイント増、東海3.7ポイント増が数字を伸ばした。利用率が下がった地域は東北6.9ポイント減、近畿2.3ポイント減など。

2大都市圏は、東京都が同2.7ポイント増の93.8%、大阪府が1.2ポイント減の90.6%。

調査協力施設は122軒。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽から始めるウィズコロナの旅

東京や関西などの緊急事態宣言が6月20日にようやく解除された。引き続き感染予防の徹底は求め...

スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ