楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

連携強化で価値向上 日旅連、18年度総会開く

18/03/28

日本旅行協定旅館ホテル連盟(2千軒、桑島繁行会長=北海道斜里町・知床グランドホテル北こぶし)は2月22日、東京の浅草ビューホテルで2018年度総会を開いた。17年度事業と決算、18年度事業計画と予算を承認した。

日旅連では営業推進委員会を中心に、宿泊券の増売や赤い風船など日旅旅行商品の付加価値向上に取り組んでいる。同委員会には(1)国内旅行活性化委員会(2)成長戦略委員会(3)インバウンド部会―があり、17年度事業報告では、インバウンド部会がマレーシアのクアラルンプールでプロモーションを実施したことや、海外の旅行会社を招いてファムトリップを行ったことなどを報告した。

18年度も引き続き法人営業、個人旅行促進、国際旅行の促進に取り組む。法人営業では地方自治体など関連機関との連携強化、個人旅行営業では、インターネット販売の拡大に取り組む。

桑島会長は「会長に就任して1年になります。会員各位、日旅と協力しながら、地域の価値向上やマーケットの拡大に努めたい」と、新年度への抱負を述べた。

日本旅行の堀坂明弘社長は「リアルエージェントとして、OTAにはできない取り組み、例えば、お客さまを民泊に流さない工夫が問われている。訪日外客を国内隅々に送客し、いかに会員旅館ホテルに滞在してもらうかに取り組んでいく」と話した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
四県四色四国を彩る徳島編

第2弾は徳島県。宿泊者数全国最下位なんてなんのその。一度来たら阿波おどり、鳴門の渦潮な...

四県四色四国を彩る香川編

第1弾は香川県。夜景、瀬戸芸など女子の心をくすぐる要素たっぷりで、秋冬の彩りを演出する...

こだわりのおもてなし三重伊勢鳥羽志摩

日本古来の信仰の聖地、伊勢神宮を擁する三重県伊勢・鳥羽・志摩エリア。神々宿るこの地は聖地と...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ