楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

名古屋城本丸御殿、ついに全面公開/愛知

18/07/19

復元工事を行っていた「名古屋城本丸御殿」の全面公開が6月8日から始まった。3代将軍家光の上洛に合わせて増築された「上洛殿」や将軍専用のサウナ式蒸し風呂の「湯殿書院」などが当時の姿でよみがえった。

本丸御殿は1615年に徳川家康の命によって建造。1930年に国宝第1号に指定された。しかし空襲により全焼。2009年から復元工事に着手していた。

マスコミ向けの内覧会セレモニーで、名古屋市の名古屋城総合事務所の吉田祐治さんは「戦火を逃れた1049の障壁画の実物など、名古屋城が国宝であったため豊富な資料が残っています。昭和初期に各所を撮った写真が700枚以上あり、焼失してしまったものも復元模写をして蘇っています。400年前の空間を楽しんでください」と話していた。

名古屋城本丸御殿

表書院前でセレモニー

名古屋城本丸御殿は入城料として大人500円。天守閣は5月7日から木造復元事業により入場できない。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ