楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

田端観光庁長官と面談 日本の宿おもてなし検定、上級合格者の6人

18/11/27

「日本の宿おもてなし検定」の今年の上級合格者6人が11月15日、観光庁を訪れ、田端浩観光庁長官と面談した。

田端長官との面談では「試験勉強で身につけたことを後輩の指導に役立てたい」「中級実技で習った車イスの扱いを、現場で実践できました」などと話していた。

田端長官は「向上心が全体のレベルを上げることにつながります。模範となり、後進の育成につなげることを期待しています」と激励した。

日本の宿おもてなし検定

田端観光庁長官を中央に「日本の宿
おもてなし検定」の上級合格者と関係者

同検定は旅館ホテルの接客サービスの標準化やサービスレベルの向上を図ろうと、JTB協定ホテル旅館連盟の発案で2009年に開始。全国旅館ホテル生活衛生同業組合、日本旅館協会、日本旅館国際女将会などをメンバーとする「日本の宿おもてなし検定委員会」が運営している。

「接遇によるおもてなしのレベル」を4段階に設定し、今年は初級を2789人、中級を876人、中級実技を25人、上級を20人が受験した。これまでに累計で初級1万8551人、中級4850人、中級実技132人、上級17人が合格。上級は「お客様に感動していただけるカリスマレベル」と厳しい基準となっている。

今回、観光庁を訪れた上級合格者は次の各氏。

土屋ユキエさん(山形県かみのやま温泉・果実の山あづま屋)▽丸山真依さん(群馬県伊香保温泉・ホテル木暮)▽武田大介さん(千葉県鴨川温泉・鴨川館)▽皆川友香さん(静岡市・日本平ホテル)▽峠久実代さん(兵庫県有馬温泉・中の坊瑞苑)▽田中和恵さん(大分県由布院温泉・玉の湯)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ