楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

下呂旅館組合が新年総会/岐阜

19/02/13

岐阜県の下呂温泉旅館協同組合(瀧多賀男理事長=水明館)は1月24日、小川屋で新年総会を開いた。

総会であいさつした瀧理事長は、下呂温泉はこれまで幾度となく災害に見舞われてきたが、先人の尽力で復興を遂げてきたと紹介。このほど新しい温泉を掘削したことにも言及し、温泉力の維持に注力しているとした。

また近年増加する外国人観光客について「多くの方々に来ていただくには受入態勢を整えなくてはいけない。現在のJR下呂駅は狭く、駅に溢れる外国人観光客の姿を見ていると、駅整備の予算を行政につけていただきたい」と話した。

来賓として出席した岐阜県選出の金子俊平衆議院議員、岐阜県飛騨県事務所の青木一也所長、下呂市の村山鏡子副市長がそれぞれの立場であいさつ。永年勤続従業員表彰も行われ、勤続年数40年の従業員を含めて151人を表彰した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ